RxSwift 個人メモ

iOS アプリの Reactive プログラミングは,最終的には Apple 謹製のフレームワークになるかと思いますが,世の中には既に RxSwift を利用した iOS アプリが多数存在しながらも,学習コストが比較的高い分野のため,開発フェーズ後はメンテできる人がおらず,手つかずになっているアプリも沢山あると想像しています.

最初にRxSwiftに入門した際には,概念を把握するのにとても苦労しました.
理由は,体系的に説明された資料が見つけられず,ネットの断片的な資料を探すことから始めたため,概要の把握が思いのほか大変であったためです.

個人的なメモですが,最初に知っておくべき概念,用語,何度も見返したい参考ページをまとめます.

▼ Rx とは?
Rx(Reactive X)とは,「オブザーバパターン」「イテレータパターン」「関数型プログラミング」の概念を実装している拡張ライブラリ.
Rxの導入メリットは,「値の変化を検知できる」「非同期の処理を簡潔に書ける」こと.
値の変化には,変数値の変化やUIの変化も含まれる.

▼ Rxの三要素
– Observable
– Operator
– Scheduler

▼ Reactive Programming 概要
SwiftでReactive Programming

▼ RxSwift で参考になった資料
RxSwiftの機能カタログ
俺はこれでRxSwiftを学んだ!リファレンス集
[RxSwift] shareReplayをちゃんと書いてお行儀良くストリームを購読しよう
[Rx入門] Subject詳解 / Hotな、ColdなObservableのこと
RxSwiftのobserveOnとsubscribeOnを理解する // Speaker Deck
よく使いそうなRxSwiftのオペレーターの勉強をしてみた(flatMap, flatMapFirst, flatMapLatest 等)
RxSwift のスケジューラ
→ observeOn,subscribeOn の違いについて参考になった.
RxSwift4で廃止になった Variable のリプレイス

▼ サンプル コード
RxExample MVVM のその先へ(Fat ViewModel の倒し方)
RxSwiftとUIライブラリの表現を組み合わせたサンプル紹介
リバース・エンジニアリング – RxSwift

▼ 用語 について
Observable イベント発生元
Observer イベント処理

▼ Observable の破棄
– disposeBagで破棄する.
– subscribeメソッドの戻り値Disposableインスタンスに対してdispose()メソッドを呼び出す方法.

▼ Driver/Signal
Driver
subscribe()後,イベントを1つ流してほしい場合に使用する.
(UITextField の入力文字列,UIButton の有効/無効状態など)
Signal
subscribe()後,イベントが発生するまで,イベントを流さないで欲しい場合に使用する.
(UIButton のタップイベント,アニメーションの完了イベントなど)

▼ Hot/Cold
Subject から送出される値が「Hot」,それ以外が「Cold」.
Cold を Hot に変換するには,以下のメソッドを使用する.
Publish()メソッドは,Hot 変化オペレータ.Connect()メソッドは,ストリーム開始.

– share(replay: 1)は,Cold Observable を Hot Observable へ変換するためのオペレータ.

▼ Hot な Observable の特徴
– subscribe されなくても動作する
– 複数の箇所で subscribe したとき、全ての Observable で同じイベントが同時に流れる.

▼ Cold な Observable の特徴
– subscribe したときに動作する
– 単体では意味がない
– 複数の箇所で subscribe した時,それぞれの Observable でそれぞれのイベントが流れる.

▼ Subject/Relay
Subject「通信処理や DB 処理等」エラーが発生したときにその内容によって処理を分岐させたい
Relay UI に値を Bind する
– PublishSubject
– BehaviorSubject
– PublishRelay
– BehaviorRelay

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。