実機にアプリを転送する手順

実機にアプリを転送するには、iOS Developer Program を契約しておく必要がある。

1. キーチェーンより正規開発者証明書請求書類の作成
キーチェーンは、
オンライン証明書状況プロトコル(OCSP)
証明書失効リスト(CRL)
を「切」に設定されていること。

メニュー「証明書アシスタント」「認証局に証明書を要求」を選択し、正規開発者証明書を請求する書類(秘密鍵、公開鍵)を作成する。

iOS Developer Program で登録した
メールアドレス、通称(ローマ字の氏名)
を指定し、「ディスクに保存」「鍵ペア情報を指定」を選択する。
鍵のサイズ:2048 ビット
アルゴリズム:RSA
を指定されていることを確認すること。

作成した鍵はバックアップをとっておくこと。
→ 他のマシンで開発を行う場合、キーチェーンに登録する必要があるため

CertificateSigningRequest.certSigningRequest
(正規開発者証明書を請求する書類)
〜.pem (公開鍵)
〜.p12 (秘密鍵)

2. iOS Developer Program から正規開発者証明書を取得
iOS Provisioning Portal – Certificates に「正規開発者証明書を請求する書類」を登録し、正規開発者証明書(developer_identity.cer)を取得する。
開発環境に登録する。

3. 実機の Device ID (40文字のID)を登録
4. iOS Developer Program からプロビジョニングファイルを取得
実機にプロビジョニングファイルを登録する。
登録状態をオーガナイザで確認する。

5. xcode プロジェクトに識別子の設定
xcode4 の場合、プロジェクト ナビゲータよりプロジェクトを選択
TARGETS – Info
Custom iOS Target Properties
Bundle identifier にBundle IDを指定する

Build Settings
Code Signing
Code Signing Identity をプロビジョニング ファイルのサインと合致するように設定する

6. xcode から実機にアプリを転送する

上記の手順で実機でプログラムが動作できない場合、
– オーガナイザで実機のプロビジョニングファイルに問題がないか?
– xcode プロジェクト設定 [iOS Deployment Target] の iOS バージョンが実機の iOS バージョンより新しくないか?
など確認する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。