ローカルマシンに WordPress をインストールする方法

たまに WordPress プラグイン作成やテンプレート作成の調査をしたりするんですが,そのたびに環境構築手順を忘れてしまうので,メモしておきます.

私はローカルに WordPress 開発環境を作る場合以下のものを使用しています.
– MAMP
– WordPress
– PHP Storm

1. MAMP をインストール

まず,最新の MAMP をダウンロードしてインストール.

MAMP 4 以降は以下のメッセージが表示されるようです.
適宜,対処します.
あと,私が遭遇した「MAMP で phpMyAdmin が使用できない」問題についてもメモしておきます.

▼ インストール後に表示されるメッセージ

MAMP / MAMP PRO 4 uses MySQL 5.6 as its default database server. Therefore, existing data has been copied to folders named …/db/mysql56. Your original data will be kept untouched in …/db/mysql.
You should convert the data right after the first start of MySQL using the command 'Upgrade MySQL databases' (⌘⌥U) from the Tools menu.

MAMP / MAMP PRO 4はデフォルトのデータベースサーバーとしてMySQL 5.6を使用します。 したがって、既存のデータは... / db / mysql56という名前のフォルダにコピーされています。 元のデータは... / db / mysqlに変更されません。
「ツール」メニューの「MySQLデータベースのアップグレード」(⌘⌥U)コマンドを使用して、MySQLの最初の起動直後にデータを変換する必要があります。

▼ MAMP で phpMyAdmin が使用できない場合の対処方法
【Tips】「MAMP」でphpMyAdminが表示されない(アクセスできない)ときの解決法!

2. WordPress をインストール

MAMPを使ってローカル環境にWordPressをインストールする方法

最初に WordPress 用のデータベースを MySQL に作成しておきます.
データベース名,ユーザ名,パスワードを指定します.

データベース作成時には「照合順序」を「utf8_general_ci」と指定する.

つぎに WordPress のセットアップを以下の URL にアクセスして行います.
http://localhost:8888/wordpress/wp-admin/setup-config.php

たまに safari ではうまく動かないことがあるそうです.
そのようなときは chrome で試します.

サイトタイトル,ユーザ名,パスワード,メールアドレスを指定します.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。