R1000の走行動画に後方カメラを追加した件

趣味としてサーキット走行時の動画を撮影し、映像編集を楽しんでいるのですが、映像の画角が一つではどうしても飽きてくるので、バイク後方にもカメラを追加マウントすることにしました。
これで、MotoGPのようなアングルの撮影を実現することができます。
まずは、GoPro Hero Sessionを標準マウントで取り付けて撮影してみました。
(脱落防止ワイヤー付き)

意外に振動の影響を受けることなく、視聴に耐えうる動画が撮影できることが分かりました。
実際にバイクにカメラをマウントして撮影してみると、走行時の振動が影響して、視聴に耐えない場合もあるのですが、Sessionの軽さが功を奏したのか、このマウント方法でも綺麗に動画が撮影できるようです。

二つの映像のタイミングを同期したり、録音した音の処理など考慮すべき点はありますが、個人の趣味でもMotoGPのような映像編集が容易に行えるのは大変楽しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。