SwiftUIの個人的なメモ

SwiftUIもそろそろ業務で利用されるかと思い、少しずつ情報を整理しています。
というわけで個人的なメモを以下に記します。

2022年秋には、iOS16が提供されることにより市場のアプリのサポートバージョンは、iOS14、15、16が一般的になると思います。結果、SwiftUIもそろそろ積極的に採用されるとの判断です。
実際調べてみると、SwiftUIはiOSバージョンにより挙動の差異があるようです。
この点は、以下のページで詳しく報告されています。

iOS バージョン による SwiftUI の機能差分・制限まとめ

SwiftUIを採用するということは、UIKitからの移行ということだと改めて認識しました。現行のままでは、移行しきれないUIデザインというのもあるのでしょうね。
UIKitのあのコントロールは、SwiftUIではどのコントロールに該当するのかというのは、以下のページが参考になりました。

[Swift] SwiftUIのチートシート

SwiftUIサンプルコードを見ていて、新しく見つけたProperty Wrapperは以下の通り。

@mainエントリポイント
@PublishedCombineフレームワークが提供。Publisherを生成する。
$を付加して、Publisherにアクセスできる。
@ObservedObjectSwiftUIの監視対象となり、参照しているViewが自動的に再描画される。
@State変数の変更が監視され、変更時にViewが再描画される。
アクセスは宣言されたView内のみとなり、変更時には$を付与する必要がある。
@StateObject再描画されても値は保持される。
@EnvironmentObjectアプリ内でデータを共有する。
@Environment環境値を取得する。
SwiftUI Property Wrapper

リアクティブプログラミング手法では、UIとモデルのバインディングがどのように行うのか?ということが一つのテーマであったと思うが、SwiftUIはProperty Wrapperという形で提供している。その点も踏まえて、今後はSwiftUIと相性の良いアーキテクチャについても考えたい。

SwiftUI 個人メモ

SwiftUIの情報をまとめました.
正直キャッチアップはめんどくさいですが,切り捨てられない程度に時代について行きます.
ある程度時代の方向性が定まってから,最短ルートでついて行くつもりですが,SwiftUIに関する仕様の変更点は,まだまだあるのかもしれません.

– 概要の把握には以下の記事が参考になります.
SwiftUIの考察

– コードのサンプルには以下の記事が参考になります.
Apple Developer – SwiftUI Tutorials
Introducing SwiftUI
Fucking SwiftUI
カピ通信 SwiftUI

– SwiftUIサンプルコードを見ていると見慣れない some というキーワードが散見されますが,Swift 5.1 で導入される Opaque Result Type は以下の記事が参考になります.
Swift 5.1 に導入される Opaque Result Type とは何か

– 実際のアプリにSwiftUIを用いる際には,一部のビューから導入するというのが現実だと思われます.
一部の画面だけSwiftUIを使いたいとき

– Xcode11.4を触っていて見慣れない SceneDelegate.swift というのがあったので,調べます.
SwiftUIを触って分かったこと:①初期画面の設定方法

その他,見たことがなかった属性についてもまとめました.
@State
– SwiftUIのViewはstructのため,通常の値を更新することができない.@Stateを宣言することで,メモリの管理がSwiftUIフレームワークに委譲されて値を更新することができる.
– @Stateで宣言されたプロパティを子Viewに渡す時は、プロパティ名の頭に$をつける.プロパティの値そのものではなく、プロパティへの参照を渡すイメージ.
– @Stateは,値をコピーする.

@ObservedObject
– データクラスに対しては,@ObservedObjectを使用する.
– @ObsevedObjectは,View の外部からデータを取得する際に利用する.
– @ObsevedObject に@Published 属性を持つプロパティを用意する場合、そのプロパティに変化があればそのプロパティを利用する View が更新される.

@Binding
【SwiftUI】@Stateとか@Bindingて何

– @BindingをつけてやるとView間での双方向のデータ共有が可能となる.
– 子View側では、@Stateではなく@Bindingでプロパティを宣言する.
– 自らは保有せずに、親のプロパティを参照する.
– @Binding は実体を保持せず、参照してデータソースの値を変更する.
– 利用するデータソースを複数にせず、一つの正しいデータソースのみを参照し変更することで不具合を避けることができる.

@Environment
– @EnvironmentObjectを付与したプロパティは複数のViewで共通のインスタンスを参照する.(アプリ全体で共通のプロパティ)

@ViewBuilder
SwiftUIのViewBuilderについて調べてみる